FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

我がヴェディオール・グループ(後編) 

派遣とか正社員という紋切り型の区別も欧米ではしないし、転職の動機も結構違う。日本は規制がたくさんあり、個人も国家もキャリア流動性という点で非常に特殊な環境にあるという気がする。僕の悩みは、日本の未来がイギリスやオランダみたいになるのか、それとも日本独自の進化を遂げるのかということ。国際会議に出ていると分るが日本人って本当に「自分が抱えている“日本的なものの考え”」を彼らに伝えることが難しい。というか、殆ど伝えられず諦めてしまっている。自分の中にある国際的な部分(無理すれば少しはあるので)では勝負しようと一生懸命頑張るけれど、自分の本当に得意(?)な技を出せないというか、出してもまったく解ってもらえないという点が辛い。(僕が特別そういうのが苦手な気がしているだけかもしれないが・・・オリエンタルスマイルのストレスというやつ)。それは自分の中にある“世界の中での特殊性”のようなものを感じてしまうからだし、彼らのように“あっけらかん”に通じ合える共通語を持っていないと思うからでもある。これは国が同じように違ってもドイツ人とフランス人とイギリス人とスペイン人の違いとは全然違う。(だいたい箸を使わずいつもスーツを着ているし、西洋の服がなんだかんだ言っても日本人より似合う。)かと言って韓国人と中国人と日本人は彼らより相当近いだろうか?そうは言えないだろうと思う。

Vediorには大きく2種類のビジネス領域があって、ひとつは一般派遣のように日本と基本的に同じ部分。もうひとつは専門領域を明確にした専門職の派遣とか紹介ビジネス。この分野では世界一の売上を挙げている。学校の先生とかお医者さんとかも派遣であろうが紹介であろうが(この区別は殆ど単なる契約期間の差)転職(というより職場のチェンジ)を激しくする。経営者も同じように派遣されたりする。日本ではまだよくイメージできない。いずれにしてもこの両方の領域で国境を簡単に越える流れなどない。こういうことを考えてみると、本当にVedior Groupの「日本の会社」として、これからどっちに向かってゆくべきか迷ってしまう。かれらの現在のビジネスから学ぶことはいくらでもあるし、いろいろツールもある。でも今僕らがやっているビジネスにどう使うのか・・・肉を箸で食べる違和感とでも言おうか・・・

こういう話を“外資系の会社の社長”が言っては怒られますね。まあ正直、課題は山積みです。このことは僕にとって奥の深い話で、他人にはどうでも良いことかもしれないけど、またブログにしつこく書くかも知れませんのでお許しください。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2007/11/21 Wed. 18:02    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/102-00487550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示