FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

篤姫 

今やっているNHKの大河ドラマの「篤姫」を毎日曜楽しみにしている。最近の大河ドラマの中では群を抜いて出来がいいと思う。シナリオも曲も素晴らしい。

原作を読んでいないので、宮尾登美子の力量とシナリオや演出家の力量のどちらがより大きな役割を発揮しているのかわからないが、どちらも優れていなければ作れない作品のような気がする。また、女優の宮崎あおいも、あの歳であれだけの演技力が出来ることに感心する。

実像をどこまで映し出しているのか本当のところはわからないが、天障院という人物の質の高さに関心する。あの激動の歴史の中でああいう役割を与えられてしまい、それを能動的な自分の意思に変えて人生として完成させた器量と言おうか。女性の持っている底深さも感じる。

このドラマでも思うのは、江戸時代の日本人の民度の高さというか、質の高さというか、現代の日本が随分見劣りするということ。武家以外ではどうだったのかよく知らないが、少なくとも武士のものの考え方は基準がしっかりしている。生きる目的とか人生の価値評価の基準が明確である。儒教とか家とか殿様とか、封建の世の中を構成した規範など、今から見ればいろんな制約の中で生きなければならない、随分不自由な人生であったとも言えるかもしれない。しかし見方を変えれば、自分の役割が明確でそれに向かって迷うことなく自分を高めて行ける。周りの環境と自分の目標に矛盾がなく、その分効率がよい。「役割」というものに純粋になれることで、大きな力を発揮できることが、世の中に多い。

明治維新という内戦を伴う革命は、日本の武士が持っていた質の高い志と、日本という国の質の高さによって成し遂げられたように思う。単なる権力闘争という側面が非常に少なく感じられるのは、僕の想い入れが強すぎるからであろうか。幕末という日本の歴史の一時期には、前からずっと強い関心があった。昔から司馬遼太郎をよく読んだものだが、その中でも幕末・明治ものが好きだった。

今の時代の方が、圧倒的に自由がある。でも幸せというものを深く考えれば考えるほど、あの時代にあこがれる自分がある。でも、現実逃避ではないかという自戒もある。「篤姫」を見ながらそういうことを考えてしまう。

良くできたドラマだと思う。

スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2008/10/10 Fri. 16:08    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/141-6569be60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示