FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

祝!日本人4氏がノーベル賞受賞 

4人の日本人ノーベル賞受賞者の話題で持ちきりである。

本来明るい話題なんだけど、政治で落ち着かず、世界経済の状況などで、なかなかゆっくり味わえる環境ではなさそうである。でも4人というのは快挙である。

いろんなことを考えた。

今回いずれもが「基礎科学分野」での功績であったこと。その理論を基にして“役に立つ”具体的な技術が開発され、いろんな分野で役立っているらしい。どっちかと言えば“応用・実用”に強いといわれてきた日本としては少し溜飲を下げたこと。

それから、それらの理論や発見が随分前に行なわれ、今回ノーベル賞という形で評価された“時間の長さ”。

また、こう言った研究とか発見というのは、やはり若い時代の寝食を忘れて没頭するような情熱の中で生まれるものなんだろうな、とも思った。

さらに、米国に居たから賞がとれた、というような部分。アメリカのこういう部分での底の深さということも改めて感じた。

ノーベル賞の受賞者選びが、どうやってなされるのかは良く知らない。平和賞なんかは政治的な要素がありそうであるが、それ以外はどうなのだろう。トップクラスの学者の世界は、結構狭いのであろうから、その功績の価値なども常識的に事前に序列が決まっているのかもしれない。審査の透明性とか妥当性なんかがどうなのか、興味があるところである。

とにかく研究者が一生かけて取り組んできたことがこういう賞が取れたかどうかで、世間的には圧倒的にその評価に差がつく。

僅差で賞が取れなかった人などの心境に、少し思いを馳せてしまうが・・・。

スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2008/10/20 Mon. 15:43    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/15-8e1a4bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示