FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

枯れ枝に鳩 

先日の2月11日は「寒中暖あり」(なんて言葉はないが・・・)で、ちょっと近くの公園に出てみた。青空をバックにした枯れ枝というのは随分風情があるもんで、気持ちの上で寒さと暖かさを両方味わえる情景である。

ところが、鳩が何羽かその枝に止まっていて、それが妙に不思議な光景のような気がした。“鳩らしくいない”のである。鳩には情緒がそもそもない。平和のシンボルという言葉も、元来好きではないが、とにかく孤独さがないから絵にならない。しかし独特の愛嬌がある。“ぬいぐるみ”にするには似合わない動物が間違って“ぬいぐるみ”にされてしまったような・・・まあそんな上質な可愛らしさとでも言うようなところであろうか。

僕の住んでいる町は子供が多い。小学校もどんどん建っている。少子化の昨今珍しい都市である。団塊世代が子供のころは日本中がそんな状態で、町に生命力が溢れていた。決して豊かではなかったけれど、家庭をつくって、給料をもらって、車を買って・・・というように、少しずつ積み上げていける“慎ましやかで健全な人生の目標”があった。この町は子供が多いと言っても、別に大家族と言う訳ではなく、小さな子供のいる若い夫婦の家庭が多いということである。昔に比べればそれぞれは十分豊かである。だから当然、当時のように晴れ晴れとしてかつシンプルな表情はしていない。でも子供が目立つことは全体の明るさや勢いにはなっている。ただ「人生の目標」という意味ではどうなんだろう。今の日本のひとつの停滞感が子供の顔に出ているように思うのは考えすぎか。

鳩が鳩らしくないところの違和感にそれが重なって見えてしまった。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2008/02/29 Fri. 09:34    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/168-30387df9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示