FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

文化と気温(後編) 

このことと関係するのかどうかわからないが、向こうでは蛍光灯を使わない。ホールのように大きいものでない限り、そもそも天井に灯りをつける様式をとっていない。全て手元に暗めの灯りを灯して生活している。

イギリスなんかは、窓の外はどんより曇って湿った冷たい空気。部屋も寒く、手元灯りと暖炉とカーペットと分厚いカーテンで、“視覚的”に暖をとっているような世界が展開されている。静かに不機嫌の沈黙する気候に静かに合わしている、ある種の知性を感じる。そして、短い夏にその理性を崩すような過ごし方をする。

個人的にはそういう取り組み方というか、いわゆる文化は嫌いではない。欧州でも南の方のイタリアやスペインでも、同じような意味で異なる生活の姿がある。長く住んでいたマレーシアなども同じである。

日本にも同じような意味で、自然に溶け込む形で形成された住文化・服飾文化がある。京都の町家とか、飛騨の合掌作りとか、沖縄の建築など。日本の気候には、その位置緯度からくる多様性がある。それだけ文化の多様性を持つ。

日本人はこういう多くを失いつつある。自覚しないからである。

話が流れたが、西洋人と付き合っているとこういうことも考えさせられる。
スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/06/11 Wed. 11:34    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/177-304e89ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示