FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

テポドン 

個人的にはあまり興味のある事件ではないが、あまりにもこの2?3日

騒々しかったので触れざるを得ないテーマ、という感じになってしまった。


今回のテポドンの話は、どうも腑に落ちないことが多い。話はとても

複雑な背景を持っていると思われるのに、あまりそれに突っ込んだ

メディアもいない。最初から、政府も国民もメディアもわかっていた

「大山鳴動ねずみ一匹」事件という感じでもある。


しかし、北朝鮮というのはまずは大したものである。持たざる物が多すぎ

ると、非常にものがよく見える、ということがわかる。彼らが国益を最大

に追及するために利用できるものがこういうもの以外ない、という

このシンプルさに驚嘆する。イランなんかはそれに比べると持っている

ものがまだまだ多いのであろう。


この問題の肝は核兵器である。そしてそれを遠くまで(具体的には

米国まで)運ぶ手段を持っているよ、ということを示すことが目的である。

人工衛星なら誰も文句は言えない、そこに本質があるということを、

一言も口にだしていないのに、互いに鮮明にわかっている、というこの

「あうんの呼吸」も見事である。核開発に興味がない国がロケットを

上げても、だれも文句は言わない。つまり「核を持つよ」と言っていることを、

「今運搬手段までもつようになったよ」と言って脅しているのである。


しかしロケットの実験をするのに、あんな小国であればどうしても

他国の領空を通過しなければならないのじゃあなかろうか。それが

本当に人工衛星(まさに日本のように)であれば、領空通過の許可

を取るのだと思う。日本は人工衛星の問題だとは考えていないから、

無許可の侵犯(許可を申請してOKすることもあり得ないわけでは

あるが)で怒っているように見えて実はロケットそのものを非難している。

でも核という証拠がないのになんで非難できるのであろう。


もちろん彼らの技術を信用していないから、途中であらぬ方向に

飛んで行ったり、破片が落ちてきたりするかもしれないという、現実的な

被害に対処しようと言うこともあったであろうが、そこが問題の中心でも

なさそうである。


この後どうするんだろうか。中国やロシアがいるので安保理で非難

決議はされないであろう。されたところでどういう抑止力があるのだろう。

そもそも安保理のメンバーは皆核を持っている。理性のある国だから

問題はない、というのであろうが、それはどうであろう。


どうも、この核の問題やロケット発射権(?)の問題はややこしい。

安保理も含め、皆腹に一物も二物も持っている。日本が一番なんか

子供っぽくてみじめな感じがする。そう思いませんでした?


この問題に比べれば、いわゆる拉致の問題は解りやすい。でも

国民・政治家・外国の関心はテポドンより弱い。それは国益とか

私益とか、外交利益などとあまり関係がないからである。

でも人として(そういうのは、残念ながら政治から一番遠い概念である

のはわかった上で)この問題の方が重要な気がする。国の主権と

いう問題(これも実は現代においては国益にあまり関わりないようで

あるが)から言っても数段重い問題だと思う。人も国も自己中なの

である。

スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2009/04/06 Mon. 14:39    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/212-cfb5a914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示