FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

日本人は若く見える? 

酔っ払ってよく話すエピソードがある。誰も信じてくれないけど本当の話である。

今はどうなっているのか知らないが、アメリカでも(州によって法律が違うのでカルフォルニアでも、と言わなければならないか)未成年に酒を売ってはいけない。最近大リーグのロイヤルズから戦力外通告を受けた野茂英雄投手が、アメリカに渡って、最初にドジャーズの先発投手としてサンフランシスコのキャンドルスティックパークで投げたとき(調べたら1995年5月2日であった)僕はサンフランシスコに住んでいたのでそれを見に行った。相手はサンフランシスコ・ジャイアンツであった。今でこそ日本人大リーガーは大勢いるが、彼は村上雅則以来31年振りの2人目の日本人大リーガーであり、その後の日本人選手の憧れ的存在になった。話したい話はそのことではない。

その試合に関しては、焚かれた多くのフラッシュを強烈に覚えているくらいであるが、実はビールを売店で買おうとしてSocial Security Card(アメリカでは日本の年金に相当するSocial Security番号というのを取得しなければ何にもできないが、そのカードをいつも保有していて、いわば身分証明書の役割をしている)を見せろといわれたのである。当時もう40歳を超えていたのに、20歳以上(18歳以上だったかもしれない)であることを証明しろと言われたのである。一瞬その英語の意味がわからなかった。もちろんそれを見せてOKとなったが、これってどういうこと?スーパーなんかでいつも酒を買っていたけどそんなことを言われたことがなかった。確かに仕事を終えて着替えて行ったのでジーンズをはいていて“若い?”格好はしていたけど、未成年には見えないでしょう?いくらなんでも。

どうやら、とにかく東洋人は若く見られるようである。アラブなんかで日本人は髭を生やすことが多いが、それも若く見られてなめられるからと聞いた。逆に言えば、確かに彼らは老けて見える。若くして頭も薄い人も多く、年齢不詳のようなところがある。(ここまで書いて、これは差別になってしまうかもしれないと気がついたが、そう思っていたのでそのまま書きます。他意はありません!)とにかく歳を聞いてびっくりすることが良くあった。ということは、向こうからみてもこっちは異常に若く見えたのかもしれない。若く見られることが良いともいえないし、それで損をすることも大いにあるんだけど、この歳になるとやはりそのエピソードを自慢げに話している自分には違いない。

野茂が大リーグ人生を終えるかも知れない(のかどうかは知らないが)ニュースに接して、彼の最も(これもそうとは言えないが)輝いていた日に、偶然起きた僕のくだらないエピソードが、野茂の今回のニュースが自分の青春(そういうのも無理があるが)の1ページを開いてくれた気もする。別に戦友でもないけど、あのとき同じ空気を吸っていたのは事実だから、どこか彼と自分が重なる。

でも僕に起こったことはかなりくだらないことで、野茂を担ぎ出すのは実に申し訳ないですね。やはり。すみません、つまらない話で。
スポンサーサイト

カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/04/30 Wed. 12:09    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/22-90f119c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示