FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

グローバル成長とリコール 

トヨタが米国中心にリコールの嵐に巻き込まれているようですね。例のアクセルの問題以外に、プリウスでも問題が指摘されているとか。数百万台のリコールというとイメージが湧かないが、コスト的にも相当のダメージであろうと推測されます。特にGMあたりから見れば、「品質の日本車」のせいで業績が悪化したとみている部分もあるわけで、ここぞとばかりの反転に出てくることでしょう。


どうしちゃったんでしょうね。日本で作らなくなって、日本人で作らなくなって、職人がいなくなって、マニュアルになって、クレーム社会になって、コンプライアンスやCSRだのという社会になって、全部がアメリカみたいになって・・・・そんな中で「製造業の日本」を襲った必然的な現象なのかもしれませんね。


世界的な売上規模で実力を競う世界に突入すると、もう元には戻れなくなるのでしょうか。株主や銀行やファンドに向かって叫び続けなければならなくなるのでしょう。”当社はもっともっと大きくなって他を引き離します”と。


ある規模を超えてしまうと、こういうリスクも一緒に増大させる領域に突入すると思います。


ネガティブコストの管理はポジティブコストの管理より難しいと思います。話が明るくないし、誰も注目しないし、そもそも人間の成長本能に反しているので賛同者も見つけにくい。社内でもトップしか指示できない。


いくら売上を上げてもリスクの管理ができないと、ざるで水をすくっているような現象が起こることがあります。


我社のメンタルヘルスなんかもそういう需要に応えるためのサービスのひとつであるかもしれません。


トヨタのようなメーカーは、そういう意味でグローバルに生きて成長を続けるには、内在的な問題をその成長に比例して増大させるのだということを今更ながら認識させてくれる事件です。

スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/02/03 Wed. 13:02    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

2 ■Re:無題

>ピーターさんの仲間さん
危機感を共有して頂けるかたがいるとうれしいですね。政治と経済が早く二人三脚になってもらいたいと思っています。

URL | otani-m #79D/WHSg

2010/02/04 14:01 * 編集 *

1 ■無題

本当にそうですねー。追い風を受けて成長している時にザルの目を埋めておかないと、風が止まった時にとても苦労するなぁ、と今痛感しています。

URL | ピーターさんの仲間 #79D/WHSg

2010/02/04 12:06 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/292-bd654f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示