FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

災難は忘れてなくてもやってくる 

何をやってもうまく行かないような日があります。意識の問題ですが、今日はそういう日のようです。昨夜飲みすぎたのか、本当に久しぶりに熱っぽい感じで、外も氷雨。だいたい雨は嫌いじゃあないはずなのに、体も重いし外は寒いし、厭な予感で目覚めました。


それでも根が真面目で働き者(?)なんで、意を決して起き上がり始動。


ところが災難はしっかり待っていてくれました。いつもの癖でPCをつけたら立ち上がらない。強制終了して再度やっても駄目。数日前から調子がおかしくて、自分でその事実を認めようとしたくなかった”つけ”が来たのでしょうか。


ヘルプデスクに電話して長いこと待たされて、やっとの思いでつながったら、言語が通じない。ひとつはPC言語、もうひとつは若い女性のマニュアル言語。そうなんです、このPCのヘルプデスクは僕にとって恐怖のデスクなのです。”ヘルプ”どころか、むしろ絶望デスクであることが多い。


デパートが無くなって、インターネット販売が増えて行くと何が始まるかと言うと、”ヘルプ”という言葉が違う意味で使われ始めることです。というより、ヘルプということを敢えて言わなければならないほど「ヘルプしてくれない」現象が独り歩きを始めます。ひどい時にはインド人や中国人が突然ヘルプを名乗り出ます。指名権はないんで仕方ないと諦めますが、日本人がベターとは限らない。その分絶望感を強くしてくれたりして。有難いことに、今日はそういう当たり日でした。


まあ、そういった、前から気付いていたこの新しい”文化的”現象に遭遇した訳であります。氷雨の祭日に。しかも建国記念日。何を建国したんだっけ?


結局、ハードが壊れている可能性があるとの結論で、修理に出す羽目に。買って2か月経たないマッキントッシュ。幸いWindowの方が無事なのでこれを書けていますが、ちょっと、天下のMacにそういうのがあってよいのか! 


最大に落ち込んでいるのは、現在編曲中のサンバの大曲が半分出来ていたのがこれでパーになる可能性があることです。バックアップを取ろうとしたら大容量の外付けのものがMac対応してないことがわかり、ついついそのままにしていたんです。


”災難は保険が切れた後にしか起こらない”という格言を自分で作りました。


今、立ち直って、またゼロからWindows版で編曲を始めましたが、これを書いていたらまたイライラしてきました。

人間が出来ていないのか、あるいは出来すぎているのか・・・


恥ずかしいことに、修理が終わったと言ってPCが届けられる日を今から怖がっている自分が確かにいます。


とにかく折角の休みにとんでもない災難に会って落ち込んでいる寒い寒い一日でした。

スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/02/11 Thu. 19:51    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

2 ■Re:無題

返信遅くなりました。ブロガーというのは自虐趣味の人のなれの果てっていう名言もありますのでそれもネタにしてしまう。”災難も、使ってしまうサガの人”(一応俳句のつもり)。

URL | otani-m #79D/WHSg

2010/02/23 23:00 * 編集 *

1 ■無題

そういう日は、私は食べまくって漫画を読んで寝ます。現実逃避です。当日中にブログに書ける、というのは人間が出来ていらっしゃいますね!

URL | ピーターさんの仲間 #79D/WHSg

2010/02/12 15:38 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/299-825e800d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示