FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

ドラマにならないオリンピック 

最近は先週はブログ更新をマメにできたのに、今週は突然疎遠になってしまっていました。要するに”ブログ脳”になれる時間と空間が作れない日々が続いていました。


仕事を時間をかければ確実に処理できるタイプのものと、時間にまったく比例しないタイプのものの2種類に分けるとすれば、僕の場合多くのケースで前者のタイプの仕事に忙殺されているとブログが書けない。たぶんブログのタイプによるのかもしれないが、他の人はどうなんだろうと思います。


もうひとつは性格ですかね。僕は少々(ひとに言わせると”かなり”という人もいるが)熱しやすく冷めやすい性格で、気分が乗らないときは義務感が少ないものから捨てて行く。ブログが義務感の優先順位が低いのだろう。


振り返ってみれば、そういうある種のバイオリズムと仕事の流れが共振するようなときが何故か定期的に訪れているようです。まあ結局、しばらく更新していない言い訳ですね。許してください。


オリンピック”たけなわ”ですね。期待通りのメダル獲得になっていない様子で、ストレスフルな関係者が多いことと推察いたします。スピードスケートのメダル2個のニュースなんかは、やはり素直に”やった!”と嬉しくなる。本当に最近は明るい話題が少ないですからね。距離のある話だから余計にハンディー^に喜べる。


オリンピックは、これに人生をかけている多くの人々が集まっている。そのことだけで、さぞ多くのドラマがあるのでしょう。一日中家にいてTVを見ているわけではない勤め人にとっては、なんか新幹線が脇を通り過ぎているような感じで、あっと言う間に終わる。断片的にニュースは入ってくるので、結果やメディアで紹介されたエピソードは入ってくるけど、「ドラマ」は入って来ないって気持ちになります。


映画で言えば、ストーリーを文章で読んでいるような感じと言おうか、とにかくそのドラマの展開をスクリーンで同じ時間をかけて鑑賞したい。そうしなければ映画の意味がない。なんかこのオリンピックというイベントもそんな気がします。別にもったいないとは思わないけど、もっとシンクロしてそのドラマをできればライブで見たいですね。


まだ少々「ブログ脳」になっていない私です。昨日は3時間しか眠れなかった。寝ようとしてちょっとTVをつけたらカーリングのカナダ戦をやっていたこともあります。意志が弱いので最後まで見てしまいました。







スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/02/18 Thu. 19:30    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/303-2f27db9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示