FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

花冷えとゆとり教育 

今週の月曜日はやたらと冷えて毛穴が驚いて収縮したと思ったら、今日あたりはまた結構な陽気です。明日はさらに暖かくなるそうですね。


「花冷え」という言葉があるくらいなので、この季節の急な冷え込みは、春が近いと思っている体にとっては応えます。一種のフェイントと言っても良いでしょう。


大昔の話になりますが、マレーシアに6年以上駐在して帰国したのが確か3月の終わり。4月の2日とか3日に東京に積るような大雪が降りました。当時世田谷の経堂のマンションに戻ってきたのですが、9階のベランダから、南方向には高い建物が一切なく、東京農大、馬事公苑、さらに横浜方向が一面の雪景色となっていて、それはみごとなものでした。南国の気候に適応していた体が本当に驚いた様子を覚えています。


その時思ったものです。”「寒い」ということは非常に知的な刺激をする”ということを。


暖かいことは体に優しいと思います。もちろん真夏のような暑さ、特に湿度は苛酷かもしれないけど、寒いことに比べればはるかに体へのダメッジは少ない。もちろんインドや中東の砂漠のような50度以上というのは”火傷”の領域に入るので別格だけど、リゾートと言われるところの多くが暖かいところのイメージであることからそのことはわかります。


暖かい気候は「体」に優しいだけではなく「こころ」にも(たぶん)優しい。因幡の白ウサギにとっての真水のように傷ついたものを癒してくれる。


でも一方、当たり前のことではあるが、緊張がないことは大切なものを鍛えてくれる作用には乏しい。


マレーシアに居た時、”凍え死ぬことがない世界”をどこか楽しんでいたような気がします。あまり考えなくても物理的・肉体的にはなかなか死ぬような目には会わないという気がする。バナナをはじめ食べるものは至るところにあった。着るものもTシャツで十分。人間そういう根源的な悩みが減ると成長意欲とか改善意欲なども薄らぐのではないかと思った記憶があります。


4月の雪はそれに冷水を浴びさせてくれました。景色が美しかった。そして一晩外にいると凍え死ぬのではないかと思った。


「知性」とか「考える力」というのは、気合いを入れたって習得できるもんではないという気がします。もっと環境の力が大きい。それは自然環境だけではなく、貧困とか病気とかそういう”逆境”とも無関係ではないでしょう。


それで今日の新聞です。学校の教科書の分量が3割増えたという記事が日経に載っていました。ゆとり教育を転換するのだとか。


競争に勝ち抜くとか、自分を成長させるとか、そういうことにはやはり寒さが必要なのではないか。鍛えなければ人は成長しない。何を癒すのか、またどんな時癒しが必要なのか、人生を考えるときそういうこともとても大切なことではないかと思うわけです。”ゆとり”だけでは子供は成長しないのです。


”ひとは鍛えなければ退化する。鍛え過ぎると壊れてしまう。” 


花冷えから教科書のことまで連想してしまった今日でした。



スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/03/31 Wed. 15:55    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/320-d8c19134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示