FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

It's a 内視鏡 world ! 

今日のカープはサヨナラ勝ちでした。このシーズン、マツダスタジアムでのサヨナラは結構多いけどマエケンでのサヨナラは初めてだとか。相手が天下のダルビッシュとはまた気分の良い夜でした。

ところで今日は朝早くから空腹を抱えて病院に行ってきました。昨日遅くまで会食していたので胃に何か残っていないかと心配しながらの胃カメラとMRIとエコー検査。

病院に行ったというブルーな一日だったせいか、それとも昨日と一昨日があのブラウン楽天に負けたという複雑でネガティブな気持ちだったせいか、とにかくそんな気分を払拭してくれた勝利でした。

ところで胃カメラの話です。

最近は触診だとか問診だけで判断することがほとんどなくなって、ちょっと気になるとCTだのMRIだのエコーだのX線だの果てはPETなどと、とにかく文明の進化がすごくて、こころの病気以外のほとんどのことが可視化できるようになってきたのでそういうデータがなければ判断しなくなってしまった。

しかしそういう風潮の中でも、胃や腸の内視鏡というのは特別な存在であると前から思っていました。なぜなら、それでも「生の体を見ている」からです。もちろんカメラとかの光学技術の発達があって可能になった”今まで見られなかった内部”である訳ですが、人間の目で実際の体を見ているという点においては未だに非常にアナログな世界だからです。義理の妹が放射線科の女医ですが、多くは暗室で画像診断をしているそうです。デジタルな映像を見ながら判定する文字通り”暗い”仕事だと言っていました。

ベッドに横になってモニターをみていると、自分の「肉の内部」が眼前に現れて、どうしてもややナルキッソスな世界に引き込まれます。”美しい”と言う表現をしてしまうと、いわゆる美術解剖学の世界になってきて、良くて松井冬子の世界、見方を変えれば荒俣宏的世界、間違ってしまうと稲垣足穂的世界になってしまいますが、語りたくなる世界であることは確かです。僕は軽い麻酔をかけてもらうので、その感性を助長するファンタジーな映像になってしまいます。昔「ミクロの決死隊」という映画がありましたが、面白くなく言えばあの決死隊の世界ですか。

別に内視鏡フェチという自覚はありませんが、そういう陶酔に自らを導くと、あながちあの異物としてのカメラが胃に入って行っても抵抗なく受け入れられるから不思議です。そういう意味では腸の方はかなり訓練しなければ、その部位ゆえか、なかなか”美学”には転嫁できないようで、プロへの道は遠いように思います。

今日は、2mgの麻酔のせいか、そのあと休憩室で1時間も寝てしまいました。良く寝ていたと看護師さんに誉められ(?)ました。今日のクリニックは結構「イキツケ」で、看護師さんとも面識がある。どんだけ行ってんだって話だけど、何でも好奇心旺盛で質問するせいか、自分の中でもテーマパーク化しているのではないかと怖くなる部分があります。ちなみに今日MRIの時ヘッドホーンから流れていたギター演奏がすばらしいと思って誰の演奏が聴いたら、副院長の友人の演奏で市販されていないそうな。あの音のうるさいMRIの時だから良く聴こえたのかもしれないけど、なんと手作りであることか・・・

でも正直病院は面白い。素人にとって間違いなく”未知”の世界に”満ち”ていて、しかもそれが自分の体に直接関係する世界の話である。外に向かう好奇心と内に向かう好奇心が自然に一体となる珍しいワールドなような気がします。

ところで検査結果はどうなんでしょう。そっちの好奇心だけはテーマパークなどど暢気に言ってはいられませんが・・・



スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/05/15 Sat. 23:05    TB: 0    CM: 3

この記事に対するコメント

3 ■Re:Re:内視鏡に支障が無くてよかったです!

>otani-mさん
ご心配おかけしました。

URL | otani-m #79D/WHSg

2010/05/17 10:16 * 編集 *

2 ■Re:内視鏡に支障が無くてよかったです!

>ピーターさんの仲間さん

URL | otani-m #79D/WHSg

2010/05/17 10:15 * 編集 *

1 ■内視鏡に支障が無くてよかったです!

大谷さんの胃に何か残っていたら我々ピーターさんの仲間の責任も大なので心配していましたが、大丈夫でいらした様で、本当に良かったです!
しかし内視鏡を楽しめるなんてさすがですね。私は麻酔で意識を失わない限り飲めません。意識が無くてもお医者さんを突き飛ばそうとしているみたいです。申し訳ないですがどうしようもありません…。

URL | ピーターさんの仲間 #79D/WHSg

2010/05/17 09:42 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/341-b1122864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示