FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

静かに逝ったピアニスト 

ジャズ史の生き証人Hank Jonesが亡くなりましたね。最後のライブを聴いて、そして見たのはついこの前のブルーノートでした。もう91歳。覚悟はしていましたが、突然の訃報でした。

大器晩成という言葉がありますが、Jazzをやる黒人ミュージシャンのイメージには合わない言葉です。でも彼はそう呼びたくなるような音楽家だったと思います。僕には東洋的で心静かな修行僧のように映っています。

5月17日付のニューヨークタイムズの記事を読みました。タイトルに「多才なピアニスト」という言葉がありましたが、アメリカではそういうイメージなのかもしれません。でももっと深い言葉を使いたくなります。

1962年のケネディーの誕生日にマリリンモンローが歌ったあの有名な"Happy Birthday"の伴奏も彼でした。スタジオミュージシャンやエラフィッツ・ジャラルドのバックなど裏方で下積み期間が長く、還暦を過ぎてから表に出てきたようなイブシ銀の名ピアニスト。チャーリーパーカーやベニーグッドマンと同じ時代を共有していながら、最近になって一段と存在感を増した、本当に息の長いミュージシャンでした。

どんな人にも合わせ、長い時間をかけて静かに自己主張をしてきたような人生ですね。晩年になっていくつも賞をとっていますが、大きな夢を持つのではなく、一定の努力を長く続けて得ることのできた穏やかな人生。なんかその生き方に”癒される”ような眼差しを感じてしまう。休むにはそろそろ良い潮時だったのでしょうか。

時を同じくして、あの「スウィングジャーナル」が休刊になるって言うニュースも飛び込んできました。随分お世話になりました。ジャズ喫茶と煙草と沈黙とこだわりと・・・また昭和がひとつ終わるのでしょうか。

ありがとう。ハンク!
この演奏が好きです。

スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/05/19 Wed. 00:14    TB: 0    CM: 2

この記事に対するコメント

2 ■Re:まさに、いぶし銀、、、いや金ですね、、、

>mi-kunさん
本当にそうですね。僕たちを育ててくれたあの「ジャズ喫茶」の世界にスィングジャーナルもありましたよね。あの本を見てレコードやCDを買ったり、それこそジャズ喫茶でリクエストしていました。ゴールドディスク大賞なんかもなつかしいです。Jazz Lifeなんかとは香りが違っていました。オーディオ機器にも強い雑誌でしたね。最近読んでなかったので自分もあの雑誌を休刊に追い込んだひとりかと思うと複雑です。

URL | otani-m #79D/WHSg

2010/05/19 23:19 * 編集 *

1 ■まさに、いぶし銀、、、いや金ですね、、、

ジャズ三兄弟も、みんな亡くなってしまいました。
凄い経歴なのに地味な存在でしたが
昔から好きでした。

グレイト・ジャズ・トリオからでしょうか、、、
世間で広く注目されたのは、、、

ジャズの歴史を生きた最後のピアニストでした。
「スウィングジャーナル」の休刊と共に
ジャズがジャズがあった時代が終わったのかと
寂しい思いです。

私が初めて呼んだのは1967年で、
植草甚一氏のエッセイが楽しみでした。

当時は過激な評論もあって、やたらと難しい
文章に前衛を信じて読んだものです。

あの頃に戻りたいですね、、、

URL | mi-kun #79D/WHSg

2010/05/19 22:34 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/343-625edb8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示