FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

"受け容れても耐えられる結果"と”醜くない悔しさ” 

日本人にとってのワールドカップが終わりましたね。久しぶりに爽やかでシンプルな感動を与えてくれました。


開催前の強化試合での連敗から、多くの日本人は”負ける同朋”を見たくなくて、「期待しない」ことで負けた時の予防線を張っていたと思います。私もそのひとりでした。しかし試合を重ねるたびに期待度も上がり「期待する」モードに変わって行きました。受け容れても耐えられる結果を期待できるようになりました。


人間、無条件に強いもの憧れます。とくに最近の日本では照れや罪悪感なしにシンプルに応援できる対象が少なくなっていて、その中でこのイベントは日本人の誰もが熱くなれたものでした。


昨夜のパラグアイ戦を観戦していていろんな気持ちが湧いてきました。


・結果を出せば理屈抜きで評価される。(本田も見ていて)

・期待以上の結果を出した後では失敗も非難されない。(駒野のPK)

・日本に比べるとパラグアイにはあまり自慢できることってない。せめてサッカーくらいは勝たせてやりたい。

・あの遠い南アまでエコノミーで行くには、相当の熱意と若さと時間が必要だろう。

・あのブブセラの音で何人が難聴になったことだろう。自分で吹けばならないのかも。放送時の音量調整は大変だったろうか。

・負けても厭味のない後味を観客も、メディアも、そしてたぶん選手も監督も共有していた。醜くない悔しさを。


確かに日本は思った以上に強かった。でもこういう大きな大会で結果を出すには、簡単に比べられる「力」などは最初からないのでしょう。ひとりひとりの”気持ち”という力の組み合わせが二乗以上に膨らむチームという大きな力。技術など小さな意味しか持っていない人間の不可思議を思いました。


嵐が通り過ぎてまた平凡な日々が戻ってきました。多くの日本人がまた同じような”日常を凌駕する”わかりやすい快感を求め始めています。次はいつでしょうか?


皆さまお疲れ様でした。ゆっくり眠りましょう。



スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/06/30 Wed. 14:42    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/360-80f37dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示