FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

角界と野球賭博のこと 

力士の野球賭博のニュースで騒がしいことですね。多くは中学を出てそのままあの特殊な決まり事に満ちた世界に入り、世間ならまだ駆け出しの年齢で既に大関とか横綱として社会的な高位を得る。そういう世界のことを余りにも通常の世間的常識で判断し過ぎてはいないのか・・・

野球賭博も暴力も容認されていたその世界の異常さを、単なる世間的正義感だけで断罪することに、居心地の悪さを感じている人は居ないのでしょうか?

「清い水に魚は住まない」という言葉もあります。なぜヤクザと関係するのか、タニマチの存在の特殊性、あの異常な体型を維持する特別食、角界全体を覆う”特殊な美意識”。そういうものが長い歴史の中で”育まれ”、半ば世間が事実上容認し、むしろその普通でないことを楽しんできたということはないのか。

今の世の中、何でも”標準”と照らし合わせて非難する。特別なものの光と闇は特別でない世界より大きくて深い。

文化というものは単純な是非・善悪で語れないものだと思うんです。麻雀で賭けている「普通の人」も、ある部分「普通の人」ではないのです。

今朝仕事で東陽町に行きました。朝から仕事をしないでパチンコ屋が空くのを待っている人の列を見ました。人間の業とか難しさをあまり単純にサバサバと否定して欲しくないのです。あなたは簡単にそういう人を悪人扱いできますか?

弁護したいのではありませんが、一方の側に天使がいてもう一方に悪魔がいる、っていう無邪気な軽薄さが嫌なだけです。人間ってそんなに簡単なもんじゃあないですよね。ひとつ間違えば同じ事をいつでもしてしまう危険な存在です。無責任な評論家になれない悪い自分が見えてしまって困っています。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/07/05 Mon. 22:47    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/362-b0e09a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示