FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

不法移民問題と蜘蛛の糸 

子供の頃、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を読んで、”自分もこの主人公「カンダタ」と同じことをするだろうなあ”と思って、自分の中の怖いものを見たような嫌な気持ちになったことを覚えています。

今アメリカで不法移民の排斥運動が盛んになっていますが、何かに似ていると思っていたことに気が付きました。この蜘蛛の糸の話です。

アメリカはもちろん移民の国です。アメリカンインディアン以外は英国から始まり必ずどこかの国からの移民です。合法か非合法かの境目は実際は非常に曖昧です。法律で一気に合法化されたこともあれば、基準が緩くされて国籍取得が簡単になった時期もあります。

人がもっと必要なときには合法移民が増え、じゃまになると入り口を狭くして違法移民が増える。これはどの国にとっても当たり前のことで、アメリカも例外ではありません。

ただ、歴史の浅い国(近代的な意味で)アメリカでは、「君まではOKだけど君からは違う」という線が生々しく感じられるのだと思います。豊かだから絶え間なく移民が続くということもありますが、歴史のフィルターを通せるほど古くない時間の中でその鮮度が邪魔をして居る訳です。

難民の問題も根っこが同じです。どこまでが正義かというのは必ずしも普遍的な基準で判断できるものではありません。政治体制が変わると突然難民が発生する訳ですから、所詮勝てば官軍かもしれません。

日本も基本的には同じことをする運命にあると思います。そこまでハードな環境にならなくて済んできただけだと思います。

アメリカは他の国に「人権」主義を要求しています。合法移民と非合法移民の区別の中に人権の発想は見当たりません。

人は皆「カンダタ」だと芥川が言っています。人が集まって作る国も同じことです。中国のようにむき出しの国もあれば、アメリカのように偽善的な国もあり、日本のようにそのいずれも理解できない子供の国(明治までは違うと思うのですが)もあります。

蜘蛛の糸の深い意味を今更ながら反芻できたような気がして、今日は”少しだけ”霧が晴れたような一日でした。でも何も解決しません。解っても何も変えられない。無力感だけが残ります。

スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/09/30 Thu. 20:03    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/387-ced78c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示