FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

鍋島の秩序美と腰痛再発 

僕は腰に持病があって、歩くのは何ともないのですが、動かないで立っているとすぐ腰が痛くなってしまいます。


美術館なんかに行ってもじっと立っているのが辛くて、好きな絵とそうでもない絵にメリハリをつけて、なるべく立ちっぱなしの時間を短くするようにしています。


ところがサントリー美術館でやっている鍋島展に行って腰痛が出てしまいました。鍋島は前から李朝とならんで好きな焼き物で、いよいよ終わると言うので行ってきたのですが、どれも良くてメリハリをつけずに長く見入ってしまったことが原因です。今日は一日コルセットをつけて過ごしました。


今回のようにまとまった数の鍋島を見るのは初めてでしたが、どうしてこれが好きなのか少しわかったような気がしました。


鍋島はいわゆる御用窯として幕府への献上品を製造するという一定の役割を持っていました。それゆえ、その図柄も厳格に管理され、規則正しい秩序を重んじていました。


今回、多くの鍋島を一度に見ることができて、初めてそれらに共通する特徴を理解できたように思います。そう、ある種の「秩序美」を持っているのです。しかもそのことが一種の静寂美に繋がっているよう思うのです。


同じ有田でも民間の窯のような自由度を持っていなかったということは、製作に当たって斬新な意匠への試みとか、前例を踏襲しない新たな技術への挑戦というような面で多くの制約があったと思います。でも逆にそのことがある種の気品を醸し出していたと言っても良いように思うのです。


今、自由とか権利とかそういうものの価値を否定する人は多くありませんが、こういう美術品を見ると、人の営みの複雑さというものに気付かされます。一定の役割を強要されて、毎日繰り返される営みゆえに作りだされる美しさの存在というものをです。


話は変わりますが、モーツァルトを境にしてクラシック音楽の曲も大きく変わりましたが、バッハまでのバロックという「封建時代」(フランス革命の前までのヨーロッパ)の音楽は、一種の職人として王や領主から命じられて作らされたり、演奏された曲だったと言う側面があります。その「非自由」というもの自体がある種の「秩序美」を有しているのではないかと思っています。思想や講釈のない音楽の持っている安心させる力とか豊かさと言っても良いかもしれません。


鍋島という焼き物にも同じものを感じます。しかも色絵より染付や青磁にその深い味わいを感じます。シンプルであることの難しさとそれゆえの深さなのかもしれません。


学生時代にどうしても欲しい焼き物があって、店の人に頼んで月賦にしてもらったことがあります。いくつも持ってはいませんが、好きな焼き物は持っているだけで落ち着きます。絵画にはない”触って使える”実物感が好きなのだと思いますが、もうひとつ好きな条件があることに今回気付きました。


油断して腰痛が再発してしまったことで、自分の弱点(?)を再認識した展覧会でした。

スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/10/11 Mon. 00:09    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/392-1c7caa03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示