FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

羽田の国際化 

ところで、羽田に新しくできた国際線ターミナルのことが気になっていました。

今となっては随分昔の話になりましたが、成田空港がオープンするまではそもそも羽田が国際空港だった訳です。実は学生時代に羽田空港で夜勤のアルバイトをしていたことがあるので、そこは特別な思い出になっています。

最初、「上屋(”うわや”と読みます)」という、飛行機に荷物を運び入れたり降ろしたりする仕事の方がバイト料が良くてそれから始めたけど、結局体がきつくて途中から楽な機内掃除に移動させてもらいました。

到着したベトナム航空の中に飛んでいたハエとか、朝の6時頃のエプロンでラジオ体操をしながら見た日の出などの情景や、ボーディング前に最終チェックをするスチュアーデス(当時はそう呼んでいました)の上目線とか真夜中の12時に食べる”昼ご飯”のおいしさなど五感で覚えている思い出もたくさんあります。

まあ、そんな昔のことはともかく、先週の出張のとき少し早めに羽田に着いたので新しく出来たモノレールの「国際線ビル駅」で降りて、ざっと見てきました。$ヒューマニーズ社長ブログ
確かに新しいので奇麗ですが、思った以上に小さいという印象。それとまだ韓国と中国便ばかりの様で”国際”の匂いがしない。そもそもほとんどが見学者と思しき中高年で、お目当ては4階や5階のショップやプラネタリウム。もの凄い人でちょっと驚いた。成田の方がやはり迫力がある。重みと言っても良いでしょう。
$ヒューマニーズ社長ブログ
「江戸小路」や「Pop Town」のようないわゆる”Cool Japan"ブームに焦点を絞っているのも今風で良く考られていると思っていたけど、全体として”実のあるパワー”と言うか勢いが感じられない。高度成長の時のような分厚さがなくて、全てが「文化」の名の下で一括りに展示された薄くて浅い、あるいは”無理をした豊かさ”という感じでしょうか。映画のセットのようでもあり、またコンセプトの割には中味が安っぽいと言うか・・・ 置いてあるものも特にcoolな感じもしなかった。

それと飛行機が見られる見学デッキの人ごみ。
$ヒューマニーズ社長ブログ
今更飛行機を見てどうなのか、よく解りません。僕がアルバイトをしていた時は飛行機はまだまだ高嶺の花で憧れの対象だったと思うけど、今は新幹線と同じ交通手段。まあ折角来たのでついでに空と飛行機の空気感を味わいに出てきているのは解るのだけど・・・

まあ、けなし過ぎるのも品のない話ですが、日本は貧しくなったと思いました。もっとアメリカやヨーロッパによくある何もない機能美か、本当に歴史を感じさせてくれる文化的にお金をかけた質の充実か、どちらかに徹して欲しかったと思いました。

ANAに乗るので、最後にシャトルバスに乗ろうとしたら、見学者の長蛇の列。危うく乗り遅れるところでした。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/10/30 Sat. 23:26    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/397-cf02201a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示