FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

民主主義というお祭り 

菅内閣の支持率が25%になって、不支持率が65%になったそうです。完全に民主党への変化を求めた国民が完全に白けたことを意味していると思います。


素人でも良いから新鮮な期待感があったけどさすがに本番はこれ以上任せられない、って言う感じでしょうか。しかも想像以上にひどかったというところかもしれません。民主党というより管政権かもしれないけど、じゃあ小沢さんが良いかと言うと、妙にプロの凄みがある。まあ日本国民の現在のテイストに合う政治家はいないということなのでしょう。


そういえば、鹿児島県の阿久根市の竹原市長の解職請求の住民投票の結果が出て、市長の失職が決まったそうです。そうなるとは思っていたけど、76%という投票率の高さは、市民にとってこの問題が非常に切実なものであったということだと思います。但し、賛成と反対の差が結構拮抗していることに、この問題の深さが読み取れます。


民主主義だから、過半数をとった方の意思に従うのは仕方がないが、その反対票の数も過半に近いということは、とてもじゃあないがすっきりした結論とは言えないでしょう。次の市長戦にこの市長が出て、当選したらどういうことになるんだろう。また同じことが繰り返されるとすると、これはもう最悪の”民主主義ごっこ”という感じのイベントになってしまう。こういう形の選挙やリコールでも相当税金が使われるはずで、希望もないので面白いドラマ仕立ての芝居でも見たいという市民のお祭りになっているのかもしれない。


いろんな判断ができることが良いことです、っていう見解もありますが、可能性が大きいことは人を迷わせ、結果として納得感や満足感の乏しい結論を容認することになるっていう逆説が存在すると思います。


人はそんなに偉くない。すごい判断力もあるわけでもない。誰かに騙されているかもしれないという懐疑的な気持に支配されているからかもしれないけれど、大多数の人の判断ほど危険なものはないことも、また歴史が示しています。


菅内閣のことも、この阿久根市長のことも、そして名古屋の河村市長のことも、共通しているのは、行政の長と議会の対立と言うことですが、もっと深いところで共通している民主主義の罠のようなものも感じます。


日本人はやっぱり民主主義は不得意かもしれない・・・ 

でもそれに代わる方法も思い浮かばないですね。今の日本では。



スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/12/06 Mon. 00:20    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/403-704384ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示