FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

痺れた日韓戦のPK戦 

昨夜のサッカー、手に汗握る熱戦でしたね。結果が良かったから言える話でしょうが、PK戦まで行ってより深く試合を味わうことができたと思います。


日本チームは強くなりましたね。良く個の力とかチームとしての力とか言いますが、今の日本チームはその両方が備わっていたように様に思います。日本が豊になったと10年前に言っていたのに最近は貧しくなったと皆言いますね。でもサッカーのチームを見ていると、やはり「豊になった」から実現した国際級のレベルを感じます。


お金で豊になったのとは違う豊かさと誇らしさを感じていました。スポーツは教育と同じように、効果が表れるのに時間がかかるのかもしれません。


それにしても、PK戦というのはかなり心理学的に興味深いイベントだと思います。あの「静止」した状態からのキックがまず問題です。ピッチの上での戦いはほとんどが動きの中でのキックです。普段の練習通り体が反応してボールをける。


でもPKは、自分がその”全ての時間”の主人公なんです。あの静寂を破るのはキッカー自身です。選手がナーバスになる舞台が完全に整っています。そして自分の結果だけで試合の結果が決まることがある。


もうそれは選手ではなく”ひとりの人間”になっている世界です。


韓国のキックがひとつも入らなかった(と言うか、”川島が防いだ”というべきだろうが)ああ言う情景は記憶にありません。なぜそれが起こったのか少し考えてみました。


1.負けた試合だと一回思った試合を同点にした。それによってPKで落とすとせっかくの成果を棒に振る、という無

  言の空気が自分を支配していた。つまりあまり健全ではない「勝利への執着」があった。

2.後攻になったことで、この圧力がより強調されやすいシチュエーションが作られた。

3.試合の中のPKで止められた本田(結局細貝が押し込んだので救われたが)が最初に志願(?)して、見事に

  その少し前のネガティブな成果を帳消しにした。その迫力とテンションが残像として残ったまま最初のキックを

  して、そして止められた。

4.一旦劣性に立つと、次のキッカーの責任は2乗に重くなる。より動物的ではなく”人間的”になり、失敗の映像

  が浮かんでくる確率が高くなり、結果も”引き寄せの法則”が適用されてしまって失敗につながる。


そしてああ言うことが起こった!


あの120分の中に人生の全てを感じられるような濃密な時間を選手は持っていた。


次の決勝戦はどういういう時間が彼らに流れ、そして僕たちに流れるのだろうか・・・



スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/01/26 Wed. 17:32    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/413-24ded9d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示