FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

新年は静かにやってきた 

今年の新年は静かに明けた。東京は快晴で、凍てついた透明度の高い空気のせいか、ディズニーランドのカウントダウンの花火がリビングの窓一杯に澄んだ色彩を描いているのに、ガラス一枚隔てたこちら側には凛とした静寂が広がっていた。その場所で繰り広げられているであろう喧騒を目で想像しながら、NHKでやっていた神尾真由子のチャイコフスキーのバイオリン・コンチェルトを小さな音で聴いていた。ここ何年か、新年は昔のように音をたててやっては来なくなった。歳のせいかもしれないが、新年は静かにやってくるようだ。

実は今、箱根駅伝を見ながらこのブログを書いている。ちょうど目の前で順天堂大学の選手が立てなくなって棄権しようとしている。前にもこれと同じような場面を見たことがある。悔しさと惨めさ、その深さをテレビは伝えてくれない。本人にとって永久に刻まれる苦い記憶を。テレビは簡単にドラマを伝えてしまうが、またそのことを思った。

日本も休みが多くなってしまったが、正月休みは今でもまだ特別な休みの顔をしている。自分の中でも何かを少し変えようとあがいているところがあるからであろうか。初日の出も毎日の「日の出」と同じなのに、心の中では同じではない。人それぞれにとっての「日の出」になる。去年はしっかり自分の「初日の出」を見たけど、今年は目が覚めなかった。でも残念がる気持ちがあまりない。今年もまた気合を入れて頑張らなければならないのに、こんなに闘争心がなくてよいのだろうかと思う。兎にも角にも僕の今年の元旦はそうやって通り過ぎたのだった。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2008/01/07 Mon. 09:56    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/42-79039814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示