FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

血のリビア革命と日本の遠い関係 

この前、インターネットがもたらした「無血革命」というようなテーマでエジプトのことを書きましたが、リビアは”血の革命”になってしまいましたね。

カダフィと言う男、今まであまり情報がなく、日本ではメジャーではなかったと思います。でも久しぶりにリアリティーのある”今の狂気”を垣間みる思いがします。

革命を起こせる人は普通の価値基準の世界に住んでいる人ではないし、「狂気」とも呼ぶべき”突き動かされる衝動”が無ければ革命は達成できることではないと思います。でも多くは、革命の「成就」とその後の長い安定と権力の中で、牙がなくなって丸くなり、「革命家」から「政治家」になる。そして「普通の人」になる。

その意味でカダフィは、「大佐」という肩書きからも解るように、今だに普通の人にはなっていない”本物の狂気の人”であったことを今回のことで思い知らされました。

平たい意味でのヒューマニズムから単に武器の使用を非難する論調が多い中、映像に映る”緑のない土埃舞うあのどこまで続く乾いた大地”に思いを馳せしまいます。

昔ドバイに出張したときに見た、あの果てしなく続く荒涼とした「土漠」を思い出します。住民の怒りの激しさとあの景色に相関関係があると思います。街を一歩出たらもう一片の緑もないのです。

カダフィのあの闘争心と権力の意思とあの景色は関係があります。

アラブの緑の無い世界と、日本の”癒しの水風景”を対峙して考えます。リビアの民衆の徹底した怒りという衝動と、妥協の利益を長く文化として持ち近年虚弱体質になった日本人をつい比較してしまいます。

今日の日経の夕刊に、日米中韓の高校生対象に実施したアンケート調査で、日本の高校生の自己評価が突出して低いという結果が出たという記事がありました。同じ感覚をインドの人や、中国の国民と比較しても感じたことがありますが、逆に、日本の風土が育てた”デリカシー”が、今国際的に大きな曲がり角に差し掛かっているような気がします。

有血革命を礼賛できる訳はないけど、事はそんなに奇麗ごとでは済まないのです。国民と革命家の両者に見る、死しても我慢したくないエネルギーや、そこまで蓄積された怒りの存在や、それを作った文化や、それを強要したあの緑のない”妥協を拒絶した風景”を思います。

イラク戦争の時にも思ったけど、今リビアで起こっていることをストーブに当たりながら実況中継で観戦している僕たちの「新しい形の原罪」に、どこか沈黙せざるを得ない自分を見ています。

スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2011/02/26 Sat. 23:56    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/422-e43d919d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示