FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

人はどこまで知りたがり、どこまで知られたがるものか 

久しぶりにブログを開けました。震災後多くの企業の中身が慌ただしくなり、従業員の相談に乗ったりいろんなケアニーズが高まっています。提案をしたり打合せの時間が多くなっています。世の中が騒がしく、また未来が不透明になっていますね。こういう時間は人に「大切なもの」を考え易くしますが、その考えの質も時間の流れで変わってきます。予想できない変わり方もするでしょうね。それ自体が新しい不安を増幅しているかもしれません。

今日は昨日とはうって変わって穏やかな一日になりました。そして今日はキリスト教で言うイースター(復活祭)であり、また選挙の日でもありました。

朝、年に何度も行かない教会に行って、帰りがけに投票をしました。そのあと取り掛かっていた編曲を完成させたら結局一日が終わってしまいました。

夜になって郷里の尾道で高等の同級生である平谷市長が2選を果たしたニュースが入ってきて、お祝いの電話をしようと思っていたら友人から長電話が入ってきて、結局こんな時間になってしまった。

そう言えばこの前の震災のとき、Twitterが一番情報入手に役だったので、その後少し凝って使っていますが、思っていた以上に凄い力を持った情報発信及び入手ツールだということに驚いています。

心配していたデマとか倫理の問題とか、そういった問題も少なさそうで、若い人から学者などまで本当に万遍に利用されていて、ツールとしての社会的認知も高いく、大きな存在になっていると言う実感を持った。内容も本当に軽いものから情報価値として非常に知的レベルの高いものまである。

明らかに自分を表現する手段を一部の知名度の高い人が独占する時代が終わりつつあると言う実感を持ちます。結果としてメディアがコントロールできることが相対的に少なくなってきていますね。互いに双方向で意見を交換でき、反応し合え、集団オピニオンを形成している。あれだけの情報を配信し、蓄積できるハードやソフトの力にも驚愕します。

政治やビジネスの在り方にも大きな影響を与えています。選挙の手段にも影響を与えるのも時間の問題だと思います。

しかし、少し凝って見ていると疲れも感じます。自分の考えを発信すること自体が持っている妙な疲れもありますね。自分が今どこで何をしているかさらけ出してしまう習慣の持つ疲れみたいなものかもしれません。主張したり影響されたり反発を覚えるというような感情の発露と言うか、そういうことの中で自分の人間的な部分がどう影響されるのかにも考えが及びます。

その意味ではまだまだ過渡期であり、人間が最終的に受容するものがどんなものなのか、注意深く見て行く必要も感じます。デジタル文明の功罪という一般論では語れない奥の深さも思います。人はどれだけ知れば満足し、どれだけ自分を露出したがるのか・・・ 新たな実験が世界規模で行なわれています。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/04/24 Sun. 23:46    TB: 0    CM: 1

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2011/04/25 00:39 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/444-8f695815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示