FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

ナンプレ~外科医~手相 

「ナンプレ」というゲーム(とは言わないか??)みたいなものがありますよね。

実はわがカミさんはそれに相当入れ込んでおられます。もう何年にもなります。

忙しい(主に掃除ですが)と言いながら、静かだなあと思うとナンプレと格闘しています。いつも犬が膝にいます。一体どういう関係なのかはわかりませんが・・

僕はまったくあの手のものに興味がない。別に大した意味も根拠もないけど、昔から、あの手のものに凝る人と凝らない人に明らかな属性の差があるように思ってきました。

例えば理系と文系。クラシック好きとJazz好き。よくしゃべる人と聞き上手の人。一戸建てが好きな人とマンションが好きな人。犬好きと猫好き。顔の大きな人と小さい人。車の運転が粗い人とそうでない人・・・

こういう風に感覚的に分類するのは好きなので、キリがなくなりますが、自分なりにこういう分類とその人の行動パターンの違いを説明するのが好きです。

犯罪捜査なんかにも使うプロファイリング。人の特徴とその人が送りそうな人生で分けて行く。似た人生を送る人には共通するものがある。

但しここで言う人生とはある程度の長さが必要でしょうね。もっとも「似た人生」という時の「人生」の定義も簡単に考えては行けません。単に独身とか職業とかそいう表面的なことでとらえては行けません。

先日、東大の大学院で勉強中のまだ30歳少しのお医者さんとお酒を飲んでいました。その時の話の中で気付いたのですが、外科と精神科が明らかに異なる人種によって構成されているということです。まあ例外はあるでしょうが、外科の執刀医は、手術中に患者の心の痛みに配慮する訓練はされていない。当たり前ですね。その必要もないでしょう。肉体の痛みにすら配慮しなくてよいように麻酔医という存在があるのですから。

生命を助ける時の優先順位と、その時の「生命」の中に「心」は入っていません。その典型が伝統的には軍医です。

決して「ナンプレ」に夢中になっている人が外科医派だとは言うような飛躍を容認しようと思ってはっていません。念のため。

実は手相を見るのが大好きで、よく頼まれて見ます。そのときに一番役に立つのがこのプロファイリングです。

そう、手相は統計学なのです。でもその統計的確立を知ることが未来の確立を当てることにはなりませんね。
それはその人がこれから作る「意識」そのものが未来を作るからです。それが人間だし、だから手相は遊び以上でも以下でもない。

人間っていうのは面白いですね。
スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2011/05/28 Sat. 23:14    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/466-718216b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示