FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

ヴェディオール・ウェイ ?“必要とされる”ということ?(後編)) 

僕は、同時にキャリアというのを仕事よりもっと広い概念で捉えたいと思っています。例えば家族なんかでも、「あなたなんか居ないほうが良い」と言われたら本当に悲しいと思います。だから、「自分が必要とされている」と感じることは、人間の最も根っこにある大切な生きる目標みたいなものかもしれないって考えるわけです。家族の中でも必要とされる手段という考え方をすると、夫婦に置き換えてもそうだけど、自分のあるべき姿というのが見えてくる。そしてそれは会社というコミュニティーのなかでも同じことではないかと。

さらに言えば、これは教育なんかにも通じていて、特に小さいとき親に抱きしめられ、大切にされていると感じる経験をした人は、それだけ人を愛したり、大切にするということが“生理的”に解るのではないかと思うのです。子供のいじめなんかは昔からあったけど、いじめ方が今のように陰湿ではなかったような気がします。そういう意味では経済的な豊かさなどとは関係なしに、心の豊かさも育った環境の中で大きく違ってくるのではないでしょうか。もっと言えば、人間は人を好きになる力と人を憎む力の両方を持っていて、実はこの「憎む」気持ちの方が大きくて強い。たぶん「エゴ(自分の利害を一番に考える)」の力が動物としての「種の保存本能」に近いところにあるようにDNAが設計されているからだと思います。でも人間は社会的な動物として進化してきてしまったので、そうすると単純に争うという力が最終的にもっとも効率よく種の保存に通じるのではないことを同時に学習してきました。平和という“他人と仲良くする”ことの方が自己防御につながり易いと考えるに至ったからです。どっちも結局“自分が一番”なんだけど、その手段が違うのです。

ちょっと脱線したけど、要するに人に必要とされると感じられることは、人が育つ過程で、人類が学習した「共存するメリット」を理解する能力に関係していて、そういうことと戦争とか平和とかは一緒のことで、これをキャリアという分野に置き換えると、「他人に必要とされる手段」を持っていることがより豊かで幸せな「キャリア人生」を長く享受することに繋がるという考え方です。そして、それはそのまま職業観にも繋がってくると思うわけです。その個人の方が書かれた内容と、このことは少し違うけど、その方は「人の幸せということを考えるとき、共通するものがある」というような意味で書かれていたと思います。まぁ、日々の各論はそうそう綺麗には行きませんが、そういう「志(ココロザシ)」でも持っていなければ本当に自分がどこに居るのか、わからなくなってしまうのではないかと思うのです。社員にもいつも言うのですが、毎日の仕事とはなかなか関係して考えられないようですね。実際、僕もそうですから(笑)


★2007年の更新は本日が最後です。皆さん、また新年にお会いしましょう。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2007/12/28 Fri. 15:15    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/53-51d8cece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示