FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

気づかないことの功罪-アメリカ大統領選挙をみて 

米国の民主党の大統領候補はオバマ氏となった。歴史に残る長期戦であった。

今は共和党に対抗できるような一枚岩になろうと、手を組んでキャンペーンを始めたようである。政治というのは結局“権力への意思”をストレートに表現してよい職業(これを職業というなら、なかなかそういう職業はない)であるから、利害が変われば有利と思う論理は何でもOKであり、それがコロコロ変わってもよいのであろう。あれだけ、あらを探して中傷していた相手を“褒め称えあう”のである。“君子豹変す”である。

しかし選挙民は、そうは思っていない。その一貫性のなさに鈍感である。そのギャップがまた、民主主義における選挙の本質である。選挙民は政治家ではないから当たり前で、政治家は選挙民でないから、その違いとの戦いが職業の本質なのであろう。でも “おかしい”(喜劇という意味での)と感じてしまう。頭ではわかっていても“おかしい”と感じる。それが“認められた”(あるいは“皆が承知している”)「うそ」というところがおかしいのである。

人間というのは面白いと思う。二重人格であり、矛盾に気づかない能力を持っている。そのことがまたおかしい。

政治家とか選挙では、それが透明感を増して見えてしまうが、本当は日々に生活の中に当たり前に存在していることなのである。例えば「弱者の権利」と「強者の権利」はどっちも「権利」と表現することはあっても、「弱者」だけは「弱者の義務」と表現することはない。あるのは「強者の義務」だけである。「弱者の義務」というのは聞いたことがない。義務のない権利というのは存在しないのにである。立場が代われば同じ人がまた、まったく反対の立場をとる。それは権利の方が義務より単純な意味で、得をするからである。義務を果たさないことで損をするという感覚に、気づかないフリが出来るからである。

ボランティアなんかも同じような感じがする。ボランティアをした人が感謝されることはあっても、ボランティアがそれをしてあげた人に感謝するという表現は聞かない。本当はしてより気分が良いのは、ボランティアをした人の方である可能性が大きいのにである。アメリカのボランティアと寄付行為を見ていると、すごくそんな気がする。

選挙というのは面白い。たぶん人間が皆持っている一種の弱さを正当化する、大きなイベントだからであろう。
スポンサーサイト

カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/07/16 Wed. 10:44    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/54-da43e167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示