FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

また独学に戻ります 

今日は、習っていたサックスの個人レッスンの最終日でした。某楽器店のスクールで習っていたのですが、先生の住んでいるところから結構遠くて、また一日を使ってここまで来るには生徒数が十分でなく、たぶん“割が合わない”レッスンになっていたんだと思います。その先生の枠がなくなったのです。一応「多忙」と言う事で。

__ (7)

個人レッスンはここ数年、中断しながらも何とか継続的に受けています。ゴルフと一緒(たぶん)で、それなりに上達したと思っても、そこでプロから習うのをやめると間違った方向に行ったり、そのレベルから進化することが無くなってしまうと思うのです。また自己満足もしてしまいます。

所詮アマチュアですから、教えて欲しいことは無限にあります。特にジャズの場合楽器の鳴らし方がある程度できたらどうしてもアドリブの理論と実技レベルを上げたくなります。理論は編曲にも応用できます。

でも、先生にも相性があります。性格と言うようなことではなく教え方の相性です。

自分が理解できるような説明をしてもらえることはけっこう稀で、先生を何度も変えることになったものです。
特にサックスの場合、クラッシック系の先生の場合はだめです。楽器の鳴らし方かた違うし、当然アドリブは教えてもらえません。

今の先生はボストンのバークりー音楽大学を出ていて(Jazzの場合、最近の先生の多くはバークリー卒ではあるけど)、若いのに中々の実力です。ライブも結構やっていて僕からみるとさり気なく本当に感動もののアドリブをしてくれます。生徒である僕との相性は抜群で、“目から鱗”の知識を相当教えてもらっていました。まだ教えてもらうべきテーマは無尽蔵なので本当に残念です。

日曜は必ずと言っていいほど、2つのバンドのいずれかの練習日ですが、いつもそれが終わってからこのレッスンに通っていました。結構ハードなスケジュールでしたが充実していました。もっとも自主練習する時間がなかなかとれず、実力アップできないのが問題なのですが、それでもまた成長が止まると思うと残念です。

僕にとっては目下、尖閣列島よりこのことが問題です。

スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2012/08/26 Sun. 23:18    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/554-20d0d706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示