FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

荒ぶる魂 

今帰宅しました。

「荒ぶる魂」という言葉が好きだと言う事を何故か思い出しました。だから少しブログを書きます。

今夜は弊社の専務と酒を飲みました。社長の戦略になぜ合致しないのか現場の声を聞くためです。勝負している時に不一致は致命傷になるからです。そう思う自分に正直で有りたいから。

平社員から課長さんになり部長さんになり、そして競争に勝った社員だけが役員になる。でも本物はそこに留まらない。“荒ぶる魂”があれば。

成果は数字であり、最後まで数字です。社長はどんな経緯があろうがP/LとB/Sが通信簿。其れ以上でも其れ以下でもない。

でも、人は永遠に生き続けるわけではないので、自分の“ピーク”を無意識に演出しています。そう、“無意識”にです。

だから、自分の歩いてきた足跡に心を留めているし、優秀な人はそれに溺れないように注意をしています。

足跡に心を残すから酒が旨く、溺れないようにする力がある人は残念ながらその分酔えません。

人生は一本道ではない。でもやはり一本道ですね。常に複数の道が目の前に現れ、常に迷いながらその中からひとつを選んでいる。多くは成り行きだったり、行きがかりだったり、時には自分のプライドだったり。それがひょっとしたら“外れくじ”かもしれないと思っていても・・・・ 止められない自分が存在する。

振り返るとそれがわかる。その時に解っていると言うのは浅い。

Backup分の移動 2196 (320x240)

この写真は僕が29歳の時に住んでいたマレーシアのジャングルの中の町「クアラカンサー」に聳えるモスクの写真です。この寺院の前に住んでいました。若かったときの自分を今でも忘れないための写真です。自分のキャリアのスタートだと思っている写真です。

ジャングルの中を流れる茶色い河に橋をかける仕事をしていました。蛇や蜥蜴に囲まれながらもこの美しい寺院に魅せられていたから頑張れたのかもしれない。

今を生きる。そしてやはり過去を生きている。

少し酔いましたね。

明日も皆さんにとって発見のある一日でありますように。僕にとってもそうであるよう願っています。

”荒ぶる魂”をいつも心の中に置いていたい。

おやすみなさい!

スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2012/10/17 Wed. 23:44    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/567-ccc77e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示