FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

忙中 "American Pop Art" あり 

今週もいろいろありましたが、とても嬉しいことがありました。

友人のキミコ・パワーズさんのコレクション、American Pop Artの展覧会がいよいよ実現することになり、今週火曜日に日比谷の外国人特派員協会で記者会見を行いました。

IMG_1324 - コピー IMG_1316 - コピー

彼女は僕がアメリカに居た時に知り合い、もうかれこれ20年以上のお付き合いになりますが、アンディ・ウォーホールやジャスパー・ジョーンズなどのいわゆるアメリカンポップアートの世界トップクラスのコレクションを持っています。しかし日本での展覧会をしたことがなく、ぼくはその素晴らしさに感動し、この10年間、日本での展覧会開催をするよう説得していました。これを公開しないのは一種の「罪」です、と。それをやっと承諾してくれて、今回の実施につなげることができました。美術館や多くの企業の協力を得て実現できることですが、発起人(?)および本人と親しい関係者のひとりとして本当に嬉しく思っています。

展覧会は今年の8月7日から10月21日まで、六本木の国立新美術館で開催されることになりました。主催者の中にTBSが入っていて、8月にはこの関連番組が放映されるそうです。“サライ”の2月号や“日経おとなのOFF”1月にも紹介されています。

IMG_1329 - コピー IMG_1330 - コピー

このパンフレットになっているアンディのポートレートはキミコさんご自身です。存命なジャスパー・ジョーンズやクリストなどとは今でも交流があります。

僕もこんなことが実現するとは本当のところ思っていませんでした。コレクターには2種類いて、そのコレクションを人に見てもらいたいと思いそれを動機として集める人と、単にそれらの作品が好きで手元に置きたいと思っていたり、画家がまだ無名であればそれによって彼らをサポートして才能を開花させて欲しいと願うことが動機になっている人。彼女とご主人であるJohn Powersさんは後者の方でした。だからこのような展覧会を開催するのは大変でした。ましてや日本での開催は初めてのことです。

彼女は1960年代の“黄金期”のアメリカのニューヨークに住んでいました。そこでまだ無名の今では巨匠と言われる多くのアーティストと交流がありました。話を聞いているだけで、当時の溢れるような活力を持っていたアメリカという国、そこに住んでいた人、そして多くの芸術家の日常が闊歩する思いがします。

また今僕は、別の友人を巻き込んで、この展覧会に合わせてその世界を本にしようというプロジェクトを進めています。出版が展覧会に間に合えばさらに素敵なイベントになると考えています。

僕の仕事とは何の関係もないこれらのことですが、人の縁というのは本当に面白い。このイベントも相当大変なことになってきましたが、仕事のストレスを発散する別世界になっているのか、わくわくする気持ちで何とか時間を見つけてひとり興奮しています。

今年は一段と楽しい年になりそうです。是非みなさん、展覧会に足を運んでください。そして感想を聞かせてください。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/02/23 Sat. 17:52    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/588-1771c7f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示