FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

ポップ・アートの本がいよいよ出版です 

今日は、今週で初めて会食のない日で、少し早く帰宅できました。

お陰でライブ放送で広島ー巨人戦を見ることができ、マエケンでの大勝を味わうことができました。11対2です!
大体こういう恵まれている時は敗北するパターンなんで、素直に嬉しいです。

そう言えば、僕が言い出しっぺで、長い間準備してきた、友人キミコ・パワーズのポップ・アートの本が最終段階を迎え、ここのところ毎週夜打ち合わせをしていましたが、ついに校正作業も終了。講談社から8月7日(多分)に出版される運びです。記事を頼んだのは林綾野さんです。僕の拙い文章も載りますが、本当に本になって手に取るまで何となく信じられない感じですがホッとしています。3年くらいかかったかな~。でも林綾野さんの記事も良くできていて、講談社の島村さんにも感謝です。普及版とは別に1000部限定の豪華版も出版されます。

それと、このことは以前このブログに書きましたが、時期を合わせて8月7日から六本木の国立新美術館で10月までこのコレクションの展覧会が開催されます。今日手に入れたのですが、この関連イベントとして、姜尚中とキミコとの対談が家庭画報に、そしてサライでもポップ・アート特集を組んでくれたものが出ていました。

家庭画報

この記事のことは知っていましたが、なぜ姜尚中なのか?と言う気もします。正直言って元々あまり好きな人物ではなくて、この対談記事も深みがなかったなあ。有名だからと言うことで、その人物本位で作る記事というものの限界なのか、それともその人物自信が投影されるからなのか・・ まああまり悪口を言う場面ではないのだけど結構期待はずれ。

サライ8月号

こっちはサライの方。内容は遥かに良かった。やっぱり人で釣った記事は駄目ですね。中身もきちんと掘り下げてあって、満足でした。

このところ一段と仕事もハードになっている中での出版準備作業でしたが、僕の役割は一応終了です。でも今まで知らなかった出版のプロの仕事と言うか、その世界のあれこれ、とても新鮮で勉強になりました。

でも一緒に作業したプロの方々はこれから出版の日まで大変です。僕は好きなことを言っていれば済んだ訳で、楽しませてもらいました。
スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2013/07/25 Thu. 23:53    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/614-34c7e68e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示