FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

御嶽山とドクターG 

恒例の週末台風。なぜか週明けは通り過ぎて通勤には支障がない東京です。
でも台風一過、空気はきれいで自宅からもオフィースからも富士山がくっきり見えました。

fuji home_1601 fuji office_1604

毎週末を襲う大型台風。上陸してスピードが速くなり一騎に駆け抜けてくれるのでまだ助かっていますが、秋はイベントがたくさんあって大きな影響を受けています。

先週は台風18号で大雨の中での”Saxsons"のコンサート。屋内だったので演奏に支障はありませんでしたが、お客さんは少なめ。その分リラックできて和気藹々の雰囲気でしたが“水を差された”感じではありました。

Saxsons.jpg

久しぶりのブログ更新です。台風の前のトピックは御嶽山ですね。先月草津に行ったとき、草津白根山の火山の活動が盛んになって噴煙の量が増えていました。車から降りることが禁止になっていて、いつも観光客がのぞくことができる火口まで行けなくなっていました。そのときは気に留めなかったのですが、今から思うと御嶽山の爆発と無関係ではないのでしょう。蔵王の火口にも変化があるみたいだし。

いろんな災害は、まだ科学では解明できていないだけで、地球規模ではそれぞれが無関係ではないのでしょう。

最近NHKの「ドクターG」という番組が結構面白くて良く見るようになりました。医学の発達は医療機器の発達とも連動し近年目覚しいものがありますが、それに釣られて臨床医学も分化と深化が進んで多くの専門領域に分かれてきました。内科だけでも10以上に細分化していると言います。でも「木を見て森を見ず」というように、各専門医のみでは確定できないで結局多くの時間を費やしてしまうことが結構あります。地球の話から急に体の話に飛びましたが、先日あるお医者さんと話をしていてそんな事を思っていました。

地球も体もそれぞれが無関係に見える現象も、結局は一体のものとして影響しあっている、という意味では非常に似ているのではないでしょうか。

宇宙飛行士の誰かが言っていましたが、宇宙に行って地球を見れば、自然に山とか海ではなく、ましてや国ではなく、地球と言うまったくひとつの生命体の上に僕たちは生きているという実感が持てるという話をしていました。

総合診療医も認定資格があるそうですが、なかなか難しいそうです。昔のお医者さんはその患者の心身と生活や家族の状況などを総合的・継続的に見て診断する存在だったような気がします。専門性が発達して非専門性が逆に脚光を浴びる。当然ではあるのでしょうが、そうやって「人を診る」技術が発達していくのでしょう。

火山と台風は関係ないのかもしれないけど、どうもそうとは思えない。ドクターGのような気象学が求められているのかもしれませんね。

スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2014/10/14 Tue. 15:36    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/667-b8e034c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示