FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

新年を迎えて一陽来復 

穴八幡宮に行ってお守りを手に入れてきました。自分で行ったのは今回が初めてです。

穴八幡は家業繁栄とか金運にご利益があるとかで、その筋の方(笑)は毎年参拝されるそうです。家内が参加しているサークルの仲間から何年か前に誘われ、最近年中行事になっています。一種の方位学で運勢と方角を関連づけるもので、冬至か大みそかか節分にその方角に向かってお札を張るとご利益があると言うもの。いわゆる恵方巻きなどと同じ原理(?)です。

神社(と言ってよいのか?)の存在は知っていたのですが中に入ったのは初めてです。いつも行列ができるそうですが、今回はそれほど並ばなくてよかった。

穴八幡  一陽来復

もともと神社には会社で行くくらいで、個人的にはあまり縁がありませんでした。
考え過ぎでしょうが、金運アップと言われると宝くじを買うみたいで、あまりにストレートで照れてしまいます。でもそれもある種のウソで、結局人間はそういう欲からは逃れなれない存在で、照れると言うのも格好つけているだけだとある時気付いて素直になれました。

海外にいるとき何度か“「神道」は宗教か?“という質問にうまく答えられなかったものです。
そう、キリスト教のような一神教はYesとNoが明確で、許されると許されないという境界が厳格です。今はやり(?)のイスラム国家なんかのイスラム教も、イスラエルのユダヤ教も同じです。だから一緒に2つ以上の神に忠誠を誓うことはできないので、互いに仲が悪い。大げさに言えば9.11から始まる一連の衝突にはこういう背景があります。

でも神社というのは違う。「神」ではなく「カミ」だからと言うけど、一神教を宗教と言うなら神道は宗教とは言えない。靖国の問題とも繋がってくるので話は込みいりますが、、、

まあ、東南アジアなんかにも多いけど、とにかく〝こっちのカミさん”は総じておおらかである。

僕は幼児洗礼のカトリックなので、この辺りのことは自分で整理をしておかないと上手く生きていけないとずっと思っていました。学生時代に鎌倉の建長寺に頼み込んで1カ月寝泊まりしましたが、この辺りのことに関係します。結局1カ月で逃げ出しましたが、その時、禅宗という古い宗教の持つ懐の深さを理解できたような気がしたし、バチカンに(旅行で)行ったときも、イタリア人にとってのキリスト教の〝表面いい加減”さも好ましいと思いました。

この種のおおらかさを理解すると自分が日本人であることと矛盾しない心境に至れるようになったように思います。
つまり必ずしも一神教かどうかではない、、

歴史の中で生活の一部になっていくと「おおらか」になるのかなあ・・ でもイスラム国家はなぜおおらかではないのか。
きっと無理があるんだろうなあ、と。

話がそれてしまいました。
あと数時間で2014年も終わりますね。そう言えば先日総集編をやっていましたが、HNKの好きな番組に「ドキュメント72時間」と言うのがあります。人の日常は普通に必死なんですよね。いつも深く考えさせられますが、日本人にとっての〝神頼み”のおおらかさは必死さと矛盾はしないんですね。きっと。

来年も健康でありたいし、お金に苦労したくはないですね。そんな普通の願いを普通に大切にして今夜お札を壁に張ります。

皆さんも福の多いすばらしい新年をお迎えください。
スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2014/12/31 Wed. 15:40    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/675-19fabc0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示