FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

テロで感じた〝大人のユーロ″ということ 

年が明けてからもう10日以上経ちましたが、明けましておめでとうございます。
今年の正月は子供や孫の他に海外からのお客さんもあって賑やかでした。そもそも例年より少し長めの休みでしたが、イベントが多いと一層長く感じるもので、若い時は時間の中身が濃くてたくさんの時間を過ごしたように感じたことを思い出しました。

そう言えば、2~3日前から息子夫婦がアメリカに旅行中でペットを預かることに。突如1匹同居人が増えたのですがこれが意外にも可愛いので驚き。夜行性で犬とバッティングしないと思ったら、なかなか自己主張も激しく、互いにナーバスに。部屋を分けました。ハリネズミも馬鹿にしたもんではないですね。伊達に針がある訳ではない?存在感たっぷりです。

チェルシー

ここ何年か喪中の連絡が多く、去年は我が家がそうだったので、人によっては2年連続かそれ以上年賀の挨拶を控えることになります。昔から長く出し合っている年賀友達は年齢も似ているので親の年齢も近い。そういう時期になったことを実感します。

いきなりのビッグニュースがパリでのイスラム過激派のテロ。この手の事件にも慣れて来ていましたが、全土で300万人を超える人が集まって集会し、そこにヨーロッパと近隣の首脳が多数参加したことに驚くとともに小さな感動を覚えました。

ユーロというのは単に経済圏として新たなマーケットを作っているという様なイメージで理解していましたが、もっと深い意味があるように思った次第。移民や多様な宗教や貧富の差の問題。そして今更もとには戻れないという一蓮托生としての政治ユニットとしての側面。

こんなに素早く各首脳が「連帯」の意思を言葉だけではなく行動に移したこと、否、移さなければならなかったことに、事の重大さを感じました。経済ユニットではなく、もうひとつの国なんですね。きっと。一応それぞれ別の国だけど、もう別の国とは言ってられない。複数の国々なのに9・11の時のアメリカと同じ反応ができると言う意味。立派なひとつの「新しい国」になっているのかもしれない。

今日は成人の日。一昔に比べ〝良い子”の新成人が多くなった印象を持ちます。欧州の連帯と比較して少し「大人と子供」の意味を考えました。
スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2015/01/13 Tue. 00:05    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/676-1a305bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示