大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの社長をしている 大谷光彦のブログです。

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

新井貴浩2000安打に見る昭和の青年と広島の健全な劣等感 

カープで始めるブログはいかにも能天気で自分の弱さをさらけ出すようで嫌なのですが、その誘惑抗し難く失礼します。

新井2000本

そう、年俸2000万円の新井貴浩が2000安打を達成した神宮でのカープ勝利の話題です。一度は敵になりカープファンからブーイングを受けた彼が、また戻ってくるという節操のなさでしたが、このカープファンの拍手喝さいを見るにつけ、野球選手と言えどもはやりパーソナリティーの重要さと言う事をつくづく思った次第です。阪神から1億円の減俸を言い渡され、自由契約を申し出て古巣に復帰と報道されています。まあ帰ってくる方も方ですが、受け入れる方もなんと言うか、、、この世知辛い世の中、実に良い話だと今日は思った次第。

本人のキャラクターと広島カープの文化がマッチしているんだと思います。シンプルで純粋で「昭和の青年」のような人間と言うと誉めすぎでしょうが、とにかく単純な人間でなければ地道に青春を毎年続けられないだろうなあって思います。天才肌ではない謙虚さが時間をかけて作った記録というか、、、広島という、高望をしない「健全な劣等感」とその田舎臭さがやっぱり性にあっているんだろうと思います。

天才清原と比較して考えてしまいますが、とてもさわやかさで気持ちのよい「青年新井」の2000本達成でした。
25年振りの優勝頼みます!

スポンサーサイト

カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2016/04/26 Tue. 23:38    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/700-051fb1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示