FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

self-drivenな社員とブータンの国民総幸福量(GNH) 

来週、中小企業の社長さんたちが集まるあるセミナーで話をすることになっていて、今日その打ち合わせをしてきました。それは、若者の離職はどうしたら食い止められるか、どうしたら社員を戦力化できるか、というような話です。会社や仕事に魅力がないから、と言えば簡単ですが、じゃあ魅力とは何なのか?
というようなことになってこのテーマは実に深い話になります。私はサラリーマン時代の最後の時期に海外で社長を少しやっていてそれも入れると20年以上経営をやっていることになりますが、結局一番難しいことは社員の生産性を上げることに尽きると思っています。人の能力は意欲や士気で測ることができる、と前回のブログで書きましたが、外資系の社長をやっているとき、self-drivenという言葉をよく聞いたことを思い出していました。これは文字通り自ら動くという意味で、実際には自分でモチベーションの高い状態をキープして組織の中でアクティブに動くような社員を指して使っていました。常に自分で考え、いろんな提案をしたり、業務改善をしたり、業績を上げたりできる人材です。要するに“指示待ち人間ではない”わけです。問題はどうしたら人は組織の中でそうなるか、ということです。

会社の中では、モチベーションを刺激するのは給与などの「外的報酬」などより、達成感とか、必要とされているという充実感とか、自分にしかできない仕事をしているというようなプライドなどの「内的報酬」が重要であると説明していますが、それはとても大切なことです。ただし、EAPの仕事をするようになってから、実は、これはその人が生まれ育った環境や、生まれつき持っているパーソナリティーなどが大きく影響するのではないかと考えるようになりました。そんなことを言い出すと、どうやってそういう人を選ぶのかということになり、人の採用の方に話が言ってしまいますが、やはり基礎的な素質は無視できないことは事実です。Empowermentという言葉があります。パワーを与えるということではなく、その人の持っている能力を最大に発揮させ、業績を上げたり、組織の成長に大きく貢献できるような人、というような意味で使っています。中小企業であれ、大企業であれ、その人がその場を自分の自己表現の場としてベストな場だと思えばself-drivenになると言えます。

最近「他罰的」とか「他責的」という言葉をよく聞きます。メンタルヘルスの世界でも、他人や周りのせいにするという姿勢は不平や不満を常に抱えていて、精神衛生上好ましくないと言いますが、人が生き生きと仕事をするときには全てを自分の責任にできるような環境肯定型の心境になっていると思います。
自分の中に全ての原因があるという考え方は多くの宗教で幸せになる方法として挙げています。別に宗教の話をしたいわけではありませんが、所詮、人いうのは個人であれ組織人であれ、幸せになる(幸せと感じる)方法、あるいは条件は同じ根っこを持っていると思う次第です。ブータンのGNHの話もself-drivenな社員の話も同じ人の話です。

人は気分で仕事をする。自分は幸せだと思うにはどういうことに気をつけたらいいのか、会社は社員をどう扱うとこういう社員が多くなるのか、、会社の総幸福量はどうやったら上がるのか?答えは難しいのですが、永遠のテーマですね。
スポンサーサイト

カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2018/06/14 Thu. 01:20    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/716-d57152ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。