FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

接木という事業継承を終えて  

世の中もかなり「令和」に適用し、落ち着きを取り戻してきました。一生に一度あるかないかというようなイベントが一段落して一種の「令和疲れ」のような空気もありますが、これからオリンピックに向かってまた全国民が走ることになるのでしょう。「令和」のことは、天皇制や、それを通して「日本」を考える良い機会になったように思います。

ヒューマニーズの社長から会長になり、現場を退いてもう少しで1年になります。経営者はいつか事業継承に踏み出さなければなりませんが、それも体力と気力があるうちに実行しなければ後悔することになります。私もこの数年そう思い実行してきましたが、1年経って会社も新しい体制の下また新たな成長に踏みだしていることを実感しています。

「接木」という言葉がありますが、新しい力を元の幹に継いで元の社員も新しい指導者の下、新たなギアで別の力を発揮しています。この接木はまあうまく行ったとホッとしているところです。http://www.humaneeds.co.jp

この1年はひとつの山を越え、私にとっても新しいペース配分を模索する1年でした。これからこのブログも少し違う立ち位置で書けることもあると感じていますのでまた再開したいと思います。本当に久しぶりのブログですが、今日は少し最近自分がやっていることを書いてみたいと思います。

今は少し前から始めていたコンサルタントや研修に軸足を移しています。自分としては、メンタルヘルスの“社員を守る”から“社員を強くする”ことにシフトしているつもりです。この3年くらい、一般社団法人としてですが、次世代の幹部社員を対象に「考える力・発信する力・活用される力」をテーマに、次の会社を担う人材を養成する企業向けの研修や現場管理職に「ボトムアップ」の風土形成を促す研修をしています。

また市民大学のお手伝いや通訳ボランティアの活動にも少し時間を割き始めています。時間がなかった時にはできなかった世界ですが今までとまったく違う立場に立つことで見えてくる新たな学びがたくさんありそうな気がしています。

また、我流で長くやってきた音楽活動もアクセルをふかして行きたいと思っていますが、並行してサックスの個人レッスンを受け始めています。身についてしまっている自分の欠点を修正し、まだ演奏者としてさらにワクワクできる新しい自分を発見できないかという挑戦です。同時に編曲のための楽典も習っていてそちらにも力を入れていきたいと考えています。これは介護施設などでの演奏に繋がっていて、「音楽の力」、「生演奏」の力の持つ効力感に意を強くする毎日です。

世の中タフな事件が増えています。「平成」は確かに“戦争のない平和な時代”ではありましたが、それで何を得たのか。新しい「令和」の時代にどう対処するべきなのか、人と話しながらそう言う懐疑感に囲まれているような気がします。またいろんなことを感じ、その意味など自分なりに考えて行きたいと思っています。
スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2019/05/18 Sat. 13:59    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/720-2c750e1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示