FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

「はやぶさ2」を擬人化できる嬉しさと誇り 〜人々の涙の意味を考える〜 

「はやぶさ2」が「りゅうぐう」への2回目のタッチダウンに成功し、地下にある岩石を採取したことに成功したというニュースが今日報道されました。TVで見ている時、JAXAの科学者たちが歓声を挙げるのにはあまり驚きませんでしたが、一般の人が涙を流しながらその成功を喜んでいる姿に少し心が動かされました。そして何年か前に初代「はやぶさ」が地球に帰還して大気圏で炎に包まれるのを見た時の感動をまた思い出しました。

「はやぶさ2」を自分達の大切な子供のように擬人化して感動している人々の愛情を感じます。5年以上真っ暗な宇宙の果てまで孤独な旅を続け、やっと目的地に到達し、健気に目的を果たしたその姿や人知れず孤軍奮闘している“物言わぬ”機械に自分の気持ちを寄り添わせている。すでにそれは機械ではないと。

日本の国力が弱まり、世界に誇れることも少なくなったと感じている多くの日本人が、素直に、しかも健全に喜べるイベントという感じがします。

世の中何でも権利義務で考え、自分の行動を認めてもらいたいというエゴがはびこる今の日本で、“名もなく一途に黙々と地味に努力しているもの”は、もはや機械しかないのかも知れない。物言わぬ機械だからこそ安心して自分の気持ちをそれに乗せることができるのかも知れない。

アメリカのNASAで同じようなことをした時、アメリカ人はこんなに泣くのだろうか?ひょっとしたらこれも日本人の特徴のひとつなのかもしれない。ちょっとそんなことまで考えてしまいました。自信はありませんが、このようなことで涙できるという感情表現がとても日本的で、ひょっとして日本人が世界に誇れる「やさしさ」のひとつであって欲しいなあ、、そんな気にもなりました。

日本人の情緒的「民度」の高さに久しぶりに触れることができたような、そんな一服の清涼剤のような時間でした。
ちょっと考え過ぎですね。そんな風に感じた僕自身、少し疲れているのかも知れないとも思いつつ。
c608c7e6cd749370c35fddc24252dfde_t.jpg はやぶさ2 180728_ryugu2.jpg
(写真はJAXAのHPより拝借)

スポンサーサイト



カテゴリ: プライベートブログ

[edit]

Posted on 2019/07/11 Thu. 23:13    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/722-a375156c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示