FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

世界経済の現状 

今世界経済が大きな危機に面している。

今までも何度も不況を経験しているが今回のものは今までのものと本質的に異なっているように思う。金融のことは専門外であるが、どうもこのサブプライム・ローンの問題というのは、一種のイリュージョン経済と実態経済が違うことを皆忘れてしまったままで、国も国民も経済活動をしていたことが原因ではないかと思うのである。
しかもその中身がわかっていなかったという点が、日本のバブルなんかとも少し違うような気がするのである。リスクも細分化されて、ほんの少しずつ非常に多くの金融商品の中に紛れ込んでしまえば、電子顕微鏡でも持ってこなければ、どこにそれがあるのかもわからない、というような現象のような気がする。

製造業というのは目に見えるものを作るビジネスである。そしてそれを買う便益は、手に入れて利用することによって、目に見える形で感じ取ることができる。

しかし、今回の金融商品は一種の「債権」で、“条件がどうなったら互いに何かをする”というような約束を権利とか義務のようなものにして、それを売買している商売ではないか、というようなイメージを持っている。そうすると、約束が果たせないということが起こったとしても、それを強制する手段がない。物の売買であれば代金を払わないとか、その物を返すとか、なんらかの現状回復が可能である。

サービス業なんかはその中間かもしれないが、とにかく金融商品というのはもっと本質的に違うような気がする。

そう考えていくと、お金儲けとか利益とかのあり方を考えさせられてしまう。豊かさが何か、というようなことにも通じていく。派手や便利でもないし、急にお金持ちになることもない。でも急に全てを失うこともないのではないか?

また、今回のものは、世界がこの経済原理の下ではひとつになってしまっていることもわかる。この種の商品は「輸送」する必要がなく、あっと言う間に世界の金融細胞のようなものの中にウイルスのように侵食している。だから国ごとでの対策では、解決しない問題でもある。

今後もどんな商品が出てくるかわからない。でも、それを考える仕組みとか、何かそういうものを扱う会社とか、よく考えて見なければならない。

しかし、どうも根本的な何かを忘れている社会があるような気がする。

ところで、長々とブログを続けてきましたが、この回で少し中断させてもらえればと思っています。
ちょっと大学院に入り、勉強を続けようと決心しまして、仕事をしながら、趣味もしながら・・・ということになるかどうか。いずれにしても当分新しいチャレンジ生活に突入すると思います。
また新たな生活のリズムが出来たところで始めさせて頂きたいと思っています。
勉強のテーマは、恥ずかしいので言いませんが、今後日本の社会で必要となる分野のひとつではないかと思っています。
また再開するときは、宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



カテゴリ: 社長ブログ

[edit]

Posted on 2008/10/27 Mon. 12:40    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/88-33d36230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示