FC2ブログ

大谷光彦のブログ

㈱ヒューマニーズの会長と一般社団法人組織・人能力開発研究所の代表理事をしている 大谷光彦のブログです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

人間の限界とマラソン 

僕はスポーツはだいたいが駄目で、どうも運動神経が鈍いらしい。今までスポーツで人に自慢できるような成果を残したことは殆ど記憶にない。特に球技系が駄目で、チームでやるものはもちろん、自分だけとの戦いであるはずのゴルフも駄目である。今は腰が悪くて医者に禁止されているのでやらなくなったが、海外では結構やった。しかしタマに自分でも感心するショットが続いてバーディーなどを取る事もあるが、ほとんどは景色の美しさや出会う動物に関心が行く方で(否、それに逃げてコンプレックスを消していたのかも)、何度やっても旨くならなかった。但し、小学校の頃は足が速くて、短距離では結構1番を取っていた。中学の時は“やや”長距離が得意で、学校対抗の駅伝なんかにも出た。運動神経とはあまり関係がない競技だったからだろう。しかし陸上部なんかに入ってちゃんと指導を受けたこともなく、やがて人並みになってしまった。

でも、そんな過去があるせいか、マラソンを見るのは大好きである。先日の東京国際女子マラソンも仕事をしながら見ていた。選手のことはそんなに詳しくないけど、すごい才能に恵まれていると言われている選手が勝つとは限らないところも面白いし、何より35キロを越えたあたりから繰り広げられる“1+1が2にならないドラマ”にわくわくする。自分でちょっと走っていた頃のあの辛さと、それに勝ったときの何とも言えないあの快感を今も思い出す。あの心臓が締め付けられる呼吸の苦しさと、それに負けたときの惨めさも同時に思い出す。そんなこともあって、最後のところの選手の気持ちが少しわかることもある。

今のことだから、ハイテクの靴とか保温とか通気性に優れたウェアーなどはすごいものなんだろうけど、それでもマラソンというのは、とにかく原始的な競技だと思う。しかも限界に近いあの絶妙な距離。なんか、シンプルに人間の動物としての健全さとか謙虚さとか神々しさとかがミックスして、生のまま現れる極限の世界のような気がする。日本人が勝つと素直にうれしい自分も好きだし、あれだけの苦しい練習を何ヶ月もしてきた後の一発勝負の舞台に賭ける選手の緊張感とかストイックさも好きである。今回は野口みずきが大会新記録で優勝したが、東京のあの過酷な最後の坂を制するものが勝者になるあのコースもなかなか設定としてすばらしい。マラソンの記録というのはどこまで伸びるのであろう。100メートル競走もそうであるが、人間の肉体と精神的能力の限界がどこまでなのか・・・興味は尽きない。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2007/11/30 Fri. 15:42    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hnmotani.blog91.fc2.com/tb.php/99-d0e53f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

カレンダー

リンク

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示